Amazon 毎日お得なタイムセール! 見てみる >

【レビュー】セイコーのソーラー“ミニツナ” SNE535P1

こんにちはヒデメモです。

わたし、ダイバーズウォッチのデザインが好きなんです。

ネットや雑誌で眺めていたんですが、ダイバーズと一言で言ってもいろんな「顔」があるんですね。

四角が多くて精悍な顔つきもあれば、丸多めでかわいらしい顔のものもあります。

「でも、自分の使い方だと自動巻きは合わなさそう…」

そう思ったら、ダイバーズにもクオーツがあるんですね。

しかも、ソーラーモデルもある!なんですと!?

見た目、ソーラーの便利さ、価格を考えて…たどり着いたのがセイコーの“ツナ缶”です。

目次

「SNE535P1」を選んだ理由

“ミニツナ”にもいろいろなデザインがあってどれも魅力的。

迷ったあげく…「SNE535P1」を購入してみました。

渋いカラーリングバランスの良い文字盤デザインが気に入りました。

結論「SNE535P1」最高です!

渋いカラーリング

ツナ缶を小ぶりにした“ミニツナ”ですが、カラーリングによってはポップなモデルもあります。

SNE535P1」も形こそポップですが、カラーリングが渋いおかげで絶妙なバランスを保っていると感じます。

バランスの良い文字盤

また“ミニツナ”にもいろいろな「顔」のモデルがあります。

四角が多くて精悍な顔つきもあれば、丸多めでかわいらしい顔のものもあります。

例えばこんな感じ。

この「SNE535P1」は、四角のモデルよりは丸が多用されていてやわらかい印象。

かつ、文字盤の全てが丸じゃないためかわいくなりすぎてない。

ちょうど良いバランスの「顔」だと感じたんです。

あと、ベゼルに数字があるバージョンもありますが、「SNE535P1」には数字がなくてすっきりした印象

しかも、ソーラークオーツなので、うっかり2日ほどたって針が止まっている…なんてこともありません。

なんというか、この気楽さが心地いいですね。

「SNE535P1」の外観

SNE535P1」 のデザインは、市街地でのファッションにも合わせやすいと感じます。

良い意味でアウトドア感控えめな印象です。

カラーは「グレー」「グリーン」「ブルー」の3色(画像はAmazonのリンクです)

ベルトラバー製ですが、しぼ加工が施されていてレザーのようなデザインです。

バックルの裏には「SEIKO」の文字。

下のほうのベルト裏には波のロゴマークが入っています。

裏蓋はスクリューバックで、こちらにも波のロゴが入っています。

「SNE535P1」のサイズ

ここからは「SNE535P1」のサイズについてメモします。

駆動方式ソーラー
風防の素材ハードレックス
ケースの素材ステンレス
サイズ(縦×横×厚み)47×47×13mm
重さ約97g
防水性能200m

ベルト幅

ベルト幅は22mm

22mmのベルトならたくさんのラインナップが存在するので、ベルトの交換時に選択肢が多くていいですね。

なお、オリジナルのベルトがラバーバンドなので、もし一緒に買うなら「CARIBA NATOタイプ」や「Brismassi Esetti 本革ベルト」など素材の違うベルトがいいかもしれません。

ベルト交換で、腕時計の雰囲気を変えて楽しむことができそうです。

ケースのサイズ

ケースのサイズは、47×47×13mm (縦×横×厚み)

ツナ缶ですが、厚すぎないのでアウトドア以外でも普段から着けやすい印象です。

重さ

重さは97gです。

樹脂製の腕時計と比べるとずっしりとしてますが、一日中つけていて重すぎる印象はありません。

心地よい重厚感です。

「SNE535P1」の特徴

SNE535P1」の特徴をメモしていきます。

「SNE535P1」の特徴
  • プロテクターに守られた本体
  • 4時位置にあるリューズ
  • 渋いデザイン

プロテクターに守られた本体

腕時計本体を「外胴プロテクター」がぐるっと取り囲みしっかり保護

“ツナ缶”と呼ばれるようになったのもうなづけます。

日常生活でも、腕時計をコツンとぶつけてしまうことってありますよね。

プロテクターのおかげで安心感があります。

4時位置にあるリューズ

また、リューズ4時の位置にあります。

おかげでリューズが手の甲に当たらず快適です。

渋いデザイン

ダイバーズウォッチとしては、渋いデザインだと思います。

だけではなく、ベゼルから一切の数字を排したことも、落ち着いた印象を与えるのに一役買っている印象。

なので、アウトドアに合うのはもちろん、普段のファッションにも合わせやすいと感じます。

まさに、良い意味でアウトドア感控えめ。

「SNE535P1」はこんな方におすすめ

SNE535P1」 は「アウトドアはあまりしないけど、アイテムは好き」な方や「ダイバーズウォッチは気になるけど、普段のファッションに合うか心配」な方におすすめです。

すっきりした文字盤と渋いカラーリングで、良い意味でアウトドア感控えめな「SNE535P1」は、普段の生活になじむからです。

厚めのラバーバンドがカジュアルな印象ではあるので、気になる方は本革のベルトに付け替えるのもいいかもしれません。

でも、オリジナルのベルトの着け心地もいいですよ。

「SNE535P1」 レビューのまとめ

このメモは「SNE535P1」について書きました。

渋いカラーリングバランスの良い文字盤デザインがとても気に入っています。

オリジナルのベルト、とても着け心地が良いのですが、ラバー製なのもあってカジュアルな印象です。

ベルトを付け替えると、さらにいろんなシーンに合わせて楽しめると思います。

今回は、ここでペンを置きます。

\ SNE535P1!/

メリット
デメリット
  • プロテクターで安心
  • リューズが手の甲に当たらない
  • カラーが渋めで素敵
  • ベルトがカジュアルな印象

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる