【レビュー】見た目をG-SHOCK風に!「amBand」Apple Watchバンド

こんなメモです

amBandから発売されている,Apple Watch用バンドのレビューです。

Apple Watch 3で使用する際の注意点や使い勝手などを写真多めで解説します。

ヒデメモ

こんにちは,ヒデメモです。

わたしは,Apple Watchのバンドを年に数回買うのですが…

amBandからリリースされているバンドに一目惚れしてしまい買ってしまいました。

Apple Watchって,カジュアル,ビジネス,スポーツなどなど…シーンに応じて使い分けができるのが便利なんですよね。

Apple正規品のバンドが素晴らしいのはもちろん,サードパーティ製のバンドも充実しています。

Apple Watch と ヒデメモ

このメモを書いている私ヒデメモは,これまでにApple Watch342mmを2年ほど愛用してきました。

特に,振動で起こしてくれる目覚まし機能,着信や予定を通知してくれる機能,Apple Payでの支払い機能には助けられていて,使わない日がないほどです!

いまや必需品!

このメモは,こんな方にお役立ていただけるかもしれません。

ヒデ

Apple Watch気にはなるんだけど,見た目が実はあまり好みじゃないんだよなぁ。
もっとゴツゴツした感じ,G-SHOCKとくにスクエアデザインが好き!

結論メモ

「amBand」のここが…

いいね!
気になるね…
  1. Apple Watchの見た目をG-SHOCK風にできる
  2. Apple Watchの強度が増す
  3. Apple Watchのマイクとスピーカーの穴をふさがない工夫がある
  1. 見た目がカジュアルになる(覚悟の上なので問題なし)
  2. フェイス部分はむき出し(フィルムなどで対応可能)

それぞれ,画像多めで詳しく解説しますので,どうぞ最後までお読み下さい。

amBandのApple Watchバンドがあなたの求めているスタイルに合うかどうか,ご確認いただけると思います。

\ 今回レビューするのはこちら! /

目次

【amBand】Apple WatchをG-SHOCK風のルックスに

わたしがG-SHOCK,特にORIGINシリーズのスクエアデザインが大好きです。

なかでもDW-5600BB-1JFは,マットな質感が気に入ってよく使っていました!

ただ,文字盤が反転液晶だったため,太陽の下だと見えにくいと感じることがありました。

このamBandのApple Watchバンドを使うと…

  • 見た目はG-SHOCK(特にDW-5600BB-1JF)風にできる
  • 文字盤はG-SHOCKの反転液晶より見やすくなる
  • おまけに,Apple Watchの強度も増す

…とわたしにとってはいいことづくめでした。

唯一不安だったのは,Amazonのサイトに「Series 6 5 4 3 2 1用」と書かれていたこと。

え?

ヒデ

いくらなんでも対応しすぎなんじゃ…使えなかったらいやだね

わたしも同じような不安を感じました。

でも,結果的にはApple Watch 3でも快適に使えています。

この後,注意点も含めて解説するのでぜひ最後までお読みください。

\ かっこいい! /

【amBand】どれくらいG-SHOCK風になるか

Apple WatchをG-SHOCK風にできます!

そう書かれていても,いざ画像を見てみると「そうでもない…」なんてよくある話。

では,amBandはどれほどG-SHOCK似なのか見てみましょう。

正面から見た場合

ぱっと見て,G-SHOCKっぽくありませんか?

やや縦に長いですが(笑)

サイドから見た場合

\ 右サイドはこんな感じ /

ここに注意!

Apple Watch 3 で使用する場合は,ダイヤルの位置がほんの少しずれます

ここがとても気になるという方には, Apple Watch 3 での使用はおすすめできません。

他のシリーズだとダイヤルがピッタリ中央にくるものもあるんでしょうね。

ヒデ

ダイヤルは回しにくい?

大丈夫です!

ダイヤルの操作性は問題なし

ダイヤルは,このように指の腹を使って回すことができます!

個人的にはまったく問題なしでした。

Apple Payボタンの操作性も問題なし

Apple Payボタンの操作性もまったく問題ありません。

左サイドはこんな感じ

2つほどボタンのような突起がありますね。

えっと,これは完全にフェイクです…はい(笑)

Apple Watchの左サイドには,もともとボタンがありませんからね。

でも,左サイドにはマイク用とスピーカー用の穴が開いています。

ヒデ

Apple Watch本体をはめ込んじゃって問題はないの?

大丈夫です!

amBandのバンドの左サイドには,真ん中に穴が開いています。

そうすることで,マイクとスピーカーの穴をふさがない工夫がされています。

ヒデメモ

おかげで,Siriも快適に使用できます!

バンドのデザイン

\ DW-5600BB-1JF /

\ amBand /

バンド上部

画像の通り,バンドの穴は2列タイプです。

ここは,DW-5600BB-1JFとは違いますね。

バンド下部

どうでしょう?

バンドの穴が2つになっている以外は,わりと再現率が高いと思いませんか?

裏面の突起のおかげで外れにくいバンド

ヒデ

以前使っていたバンドが,何度もループから外れて困ったことがあったよ。
amBandは大丈夫?

はい。amBandは大丈夫です。

下の画像のように,バンドの裏面の突起のおかげでループがしっかりと固定され安定しています。

この突起がいい仕事をしてるんですね。

では,装着方法を見てみましょう。

【amBand】装着方法は簡単!

amBandのApple Watchバンドは,Apple Watch本体を保護するバンパー部とバンドが一体になっているタイプです。

Apple Watch本体をはめ込んで装着します。

バンドの裏側からグッとはめ込みます。

\ ダイヤル側から先に入れると入れやすい /

装着具合はピッタリ!

このように,ピッタリとフィットします!

このように,表側から指でぐいぐい押してもびくともしません

これは安心しました。

あまりにもApple Watchのいろいろなシリーズに広く対応すると書かれていたので。

ゆるゆるだったらいやですもんね。

【amBand】バンドの固さ

フェイス付近は固い

フェイス近くは,しっかりとした作りです。

そのおかげで,Apple Watch本体がガッシリと固定されています。

ベルトはやわらかめ

そのおかげで,手首にフィットしてくれます。

感覚的には,カシオのプチプラ腕時計のベルトに近いでしょうか。

個人的には,手首にフィットしてくれるこの感触が好きです。

\ コスパ最高! /

【amBand】フェイス部分はむき出しになる

amBandバンドは,フェイス部分がむき出しになっています。

そのため,Apple Watchの角を壁などにぶつける衝撃には対処できますが,画面自体に直接くる衝撃には無防備です。

気になる方は,フィルムなどで画面を保護することをおすすめします。

私が使っているのはです。

バンドもフィルムも,ご購入の際は,サイズに注意が必要です!

ヒデメモ

お使いの,あるいは購入予定のApple Watchのサイズに合わせて,お買い求めください。

\ バンドを装着するとはがれにくい効果も! /

まとめ:予想以上にG-SHOCK風!「amBand」 Apple Watchバンド

結論メモ

「amBand」のここが…

いいね!
気になるね…
  1. Apple Watchの見た目をG-SHOCK風にできる
  2. Apple Watchの強度が増す
  3. Apple Watchのマイクとスピーカーの穴をふさがない工夫がある
  1. 見た目がカジュアルになる(覚悟の上なので問題なし)
  2. フェイス部分はむき出し(フィルムなどで対応可能)

さて,気になる部分も挙げましたが,G-SHOCK好きには問題ありません。

フェイス部分への衝撃もフィルムなどで対応可能です。

わたしも,購入して毎日使っていますが大満足です!

Apple Watchの外見いまいち気にいらないあなた。

Apple Watchを衝撃から守りたいあなた。

「amBand」,いかがですか?

\ 予想以上にG-SHOCK風! /

よかったらシェアしてね!
目次
トップへ
目次
閉じる